こだわり感ある野菜をお手軽に。冷凍の「きざみオクラ」

http://www.sej.co.jp/i/item/300303410432.html?category=&page=1

冷凍の「きざみオクラ」はおすすめ品の一つですね。「すぐに使える」とパッケージにありますが、まさにそのまんまです。

150g、税込116円。スーパーではもっと安い場合もあるにはありますが、何しろセブンでいつでも買えますから、お手軽ですね。

サラダ、スープ、あえものなど多様に使えます。「野菜をもう少しだけ増やしたいけど何が良いか」といったときにも便利です。

オクラなら栄養もたっぷりですし、粘り気で個性も出せますね。「オクラを毎日食べる」という人は、多分あまり多くないんじゃないでしょうか。スーパーの野菜コーナーでも主役級の扱いではないですよね。やはりオクラはこだわり感のある野菜に思いますが、この品を使えばいつでも料理に加えられます。

解凍はレンジで3分ほどです。小さく刻まれていますから、自然解凍もできるとされていて実際短時間で行なえます。オクラは下ごしらえが割と大変な部類ですね。それだけに、この冷凍刻みタイプのお手軽さは際立ちます。

パッケージそのもののみずみずしさに仕上がり、ものが小さいことも相まって「いかにも冷凍!」などと思われることは滅多にないでしょう。

あまり売り切れていることがないのもポイントです。たとえばセブンでは冷蔵の品は、結構切れていることもあり「あるはず」と決め込んで訪ねられないケースもあります。一方冷凍コーナーの品は、パッと目に飛び込んでくる陳列と言い難いせいか、安定して手に入る印象。このオクラも、案外知らないセブンイレブン常連さんて多いかと思います。

賞味期限もおおよそ1年半ぐらいはあり、普通に使っている分には何ら神経質にならないで済みます。製造はニチレイフーズで、セブンブランドに加えて一層の安心感も感じられますよ。

自分でこれだけ作るのは大変!「7種具材の筑前煮」

http://www.sej.co.jp/i/item/300101104018.html?category=&page=1

冷蔵コーナー「だしのうま味を利かせた 7種具材の筑前煮」はおすすめです。

セブンの冷蔵コーナー全般におすすめとも言えますが、自分で作る手間ひま、大変度との兼ね合いで考えると、この品のポイントは高いです。

何しろごぼう、鶏肉、たけのこ、にんじん、こんにゃく、れんこん、しいたけと文字通り7種入り。これだけスーパーで買ったとしたなら、値段的にも1,000円ぐらいになってしまいます。鶏肉やこんにゃくなどは日持ちの関係もありますから、数日分など買いためておくのも楽でないですし。それだけ入って155gで税込246円ですから、親しみやすいですね。

パウチのまま湯煎でもレンジでも数分で作れて、とても簡単です。「毎回全てのおかずを自分でつくろうとして品数が減るんであれば、一品ぐらいは市販惣菜でも良い」私など、時々そんなように考える人には特におすすめです。

料理ができない家族に一人で用意してもらうシチュエーションでも、大丈夫です。また、間違って料理前に開封してしまっても、レンジとラップ、鍋で熱するなどで作れます(正規の作り方ではありませんが)から、これまた大丈夫ですよ。

市販惣菜は味付けもスタンダードなものが多いと感じますが、このセブンの筑前煮も至って普通です。料理が上手になりたい人で、味の基本を学びたい人にもこういった品、たまには良いと思います。

カロリーは146kcalで、「約150gで、おおよそ150キロカロリー」とわかりやすいのも、体調管理面から良いところですね。

進化し続けるわくわくカツ丼!

http://www.sej.co.jp/i/item/04046887.html?category=&page=1

コンビニにおいて、昔と一番大きく変わったのが、お弁当の美味しさではないでしょうか。

コンビニのお弁当というと、高くて不味いと思っている大人は未だに多いと思います。
しかし、コンビニの進化を侮ることなかれ!ライバル会社に負けないようにあの手この手と次々に新商品が出てきます。
その中でも今回おすすめしたいのが、セブンの特製ロースかつ丼です。

カツ丼の進化は目を見張るものがありワクワクがとまりません!

次々と改良されている丼物の王様であり、牛丼、親子丼と合わせて3種の神丼といったところでしょうか。
中でも受験に勝つ、テストに勝つ、試合に勝つ、ギャンブルに勝つ、縁起物としてよく食べられるカツ丼ですが、不味くてがっかりしたことありますよね。

残念な味にすでに勝負で負けてしまった感が漂ってしまいます。
美味いカツ丼を手軽に、すぐに食べたい!
そう思った時に是非セブンのカツ丼を食べてください。

これがほんとに美味いんです。

温めた際に香る匂いは腹ペコの体中に駆け巡ります。、まさに犯罪的です。
勿論カツとご飯はトレイが別になってますので、ご飯がベタベタなんてこともありません。

特製のタレがうまくて病みつきになるんです。
値段もワンコインですし、なによりそのまますぐ食べれます。
忙しい時に車内でおにぎりや総菜パンもいいですが、カツ丼食べて元気を回復しましょう。

セブンの特製ロースかつ丼、ほんとにやる気がでます。一回食べて見て。

高級感のあるお菓子チョコミルフィーユ

http://www.sej.co.jp/i/item/300405320923.html?category=193&page=1

セブンプレミアムの【サクサク食感のチョコミルフィーユ】はおすすめ。

4層になったパイ生地とウエハースの間に、それぞれナッツクリームがたっぷりサンドされており、全体をチョコレートでコーティングしたお菓子です。

パイ生地のサクサクパリパリ感はすぐなくなりがちですが、このお菓子のパイ生地のサクサクパリパリ感は本当に抜群です。

パイ生地の食感とは少し異なるウエハースも入っていることで、色んな食感が楽しめます。そこにサンドされたナッツクリームには香ばしい甘さがあり、アクセントになっています。

全体をコーティングしているチョコレートはビターなので甘さもしつこくなく、そのチョコレートに負けないナッツクリームの香ばしさでペロリと食べきれてしまいます。1つ1つの大きさはそこまで大きいというわけではありませんが、パイ生地にしっかりとした歯ごたえがあるので、1つ食べると十分な満足感があります。

上品な甘さで高級感があるので、少し贅沢をしたいとき、普段のお菓子では満足できない時にはとても良いと思います。

6個入りで300円しないくらいでこの味なら、とてもコスパが良いと思います。

冷蔵庫で冷やすとチョコレートもパリっとして、更においしです。

海鮮お好み焼きはこの安さでこの美味しさ!最高です。

http://www.sej.co.jp/i/item/300301410047.html?category=185&page=1

セブンイレブン商品は美味しいものが多いですが、中でも私は「いかとえびの入った海鮮お好み焼」が大好きです。

とってもボリューミーなのに、税込み200円で買えます。生地に山芋が入っていて、とってもふっくらしていますし、具材のキャベツやイカ、エビもたくさん入っていてとても満足できる味です。

一緒についてくるだしのきいたソースも丁度良くて美味しいですし、かつお節、あおさもかけていただきます。

忙しい日にも、電子レンジで温めるだけでこんなに美味しい本格的なお好み焼が食べられるので、いつも冷凍庫にストックしてあります。

キャベツもシャキシャキしていて、食感もとても良いです。エビもぷりぷりしていて、冷凍だと感じさせない美味しさです。エビもイカも大きいので、ちゃんと食べ応えもあります。

プラスチックではなく、紙トレーが使われていますので、レンジでチンしてもベッタリせず、ふわふわな状態で食べることができます。さすがセブンイレブンです。

このお好み焼、セブンイレブンの冷凍食品のなかでも上位を占めるらしく、とても評判も良いみたいです。

味もしっかりした味で濃すぎず、海鮮の旨味やソースの旨味を十分に感じられるお好み焼になっています。

安くて美味しい冷凍焼き餃子

http://www.sej.co.jp/i/item/300301410286.html?category=185&page=1

この餃子は最高に美味しいです。調理方法もとても便利で、袋のままレンジでチンするだけで、すぐに食卓に並べることができます。

見た目を気にしなくていいのなら、お皿もいらず、パックごと食卓に出して、食べられるので、洗い物も増えません。

そして値段の安さも魅力的です。5個入りで108円ととってもお手軽です。餃子が大好きで、美味しい餃子に目がない甥っ子もこちらの餃子は大のお気に入りでパクパク食べてくれます。

パッケージの表にあらびき黒胡椒香ると表記があったので、子供が食べてくれるか心配しましたが、特に胡椒の強い刺激もないのて、大人も子供もみんな美味しく食べられます。

こちらを冷凍庫にストックしているだけでとっても安心で、私も台風が来る前日の夕方に買い物に行けなくなると思い、慌てて セブンイレブンに駆け込みこちらの商品を買っていましたがこんなに美味しい来て便利だと知らずに買ったので、食べた時にはおいしくて衝撃を受けました。

肉汁も溢れて、お店で食べる餃子と大差ないです。

冷凍餃子やチルドの餃子を自宅でフライパンで焼くとうまく焼けない時がありますが、こちらはその心配もなく、ストレスなしです。

餃子がより一層好きになれます。