ワンダーコア2の効果的な使い方を紹介!

 

ワンダーコア2で腹筋

 

ワンダーコア2の効果的な使い方について、
私の個人主観ではありますがご紹介したいと思います。

 

私が提案する効果的な使い方は、
運動不足な方を対象に記載しています。

 

ワンダーコア2を効果的に使う、
3つのステップについてお話ししていきますね^^

 

よくある説明書にある使い方の説明ではなく、
私が実践した方法や刺激の与え方について紹介しています。

 

なので、合う合わないはあると思いますが、
取り入れられる部分があれば参考にしてみて下さい。

 

 

腹筋の日と上半身の日を分ける

 

ワンダーコア2を購入して最初は、
気合いが入っているので一気にやろうと思うものです。

 

ただ、いきなり腹筋も上半身もエクササイズするのは、
運動不足の場合には結構しんどく感じるものなんですね。

 

最初に辛いと感じてしまうと3日坊主にもならず、
1回だけやってそのまま押し入れに眠る・・・なんてコトにも。

 

なので、最初は腹筋の日と上半身の日!
という感じでエクササイズする日を分けましょう。

 

1週間くらいするとエクササイズの種類や、
ワンダーコア2の使い方にもどんどん慣れてきます。

 

そうなったら次のステップに進みます。

 

 

慣れてきたら両方を3日に1度行う

 

先ほどは腹筋と上半身のエクササイズを、
別の日に行っていたのを1日でやるようにします。

 

この時には使い方にも慣れているかと思いますので、
自分のペースで1セットする!2セットする!など決めます。

 

当たり前ですがセット数を増やすにつれて、
筋肉は疲れますのでエクササイズの効果も高まります。

 

ただ最初は1セットでもしんどいので、
1セットから初めてなれたら2セットにするようにしましょう。

 

ここでポイントなのが3日に1度エクササイズをします。

 

ワンダーコア2は以外と効くので筋肉痛になります。
筋肉痛になると筋肉が回復するまで2日はかかるんですね^^;

 

なので、エクササイズした後は2日身体を休めます。

 

毎日、筋肉を刺激すれば良いと最初は思うかもですが、
実は筋肉は休めて回復させないと痛める原因になるだけなんです。

 

そういった理由から3日に1度のエクササイズをしましょう。

 

 

 

腹筋で物足りなく感じたら腹筋の角度に注意する

 

最後のステップではワンダーコア2で、
腹筋をしていても刺激が弱く感じるようになった時の方法です。

 

これには2つあるので説明します。

 

 

腹筋する際の角度に注意する

 

ワンダーコア2で腹筋する際には、
身体を倒し、その後身体を起こします

 

腹筋で身体を起こす際に、
持ち上げる身体を上まで上げ切らないコト!

 

理由は腹筋への刺激が逃げる為、
負荷が逃げてしまうので刺激が少なくなります。

 

簡単に言うと休憩させてしまうので、
身体を起こし切らないように休憩させないようするというコト。

 

実際にやってみれば分かりますが、
これをするだけで実は腹筋への刺激が高まります^^

 

物足りなくなった場合には取り入れてみて下さい。

 

 

スプリングを外して腹筋する

 

腹筋の角度に注意していても、
腹筋への刺激が物足りなくなってきた場合。

 

その場合はスプリングを外して使います。

 

まぁ〜ワンダーコア2の補助機能がないので、
自分の腹筋の力だけで身体を持ち上げるコトになります。

 

ただワンダーコア2はイスと背もたれがあるので、
その機能性を利用してエクササイズしようというコトですね^^

 

ワンダーコア2を使う時のように身体を倒して、
身体を起こす時には先ほどと同じように身体を起こし切らない!

 

これは強度がかなり強いので、
ワンダーコア2で物足りない場合のみにしましょう。

 

説明書などには記載されていないので、
実践する場合には自己責任でお願いします・・・w

 

注意点としましては勢いでやらないコト、
1回1回、固定されているコトを確認して行うコト!

 

 

以上が、ワンダーコア2の効果的な使い方になります。

 

私は空きやすいタイプなのですが、
この方法を実践してエクササイズを継続出来ています。

 

また腹筋の刺激が物足りなくなった際にも、
上記に記載した方法をすることで強度が上がりました。

 

なので取り入れられる部分があるようなら、
参考にして頂き取り入れてもらえればと思います^^