こだわり感ある野菜をお手軽に。冷凍の「きざみオクラ」

http://www.sej.co.jp/i/item/300303410432.html?category=&page=1

冷凍の「きざみオクラ」はおすすめ品の一つですね。「すぐに使える」とパッケージにありますが、まさにそのまんまです。

150g、税込116円。スーパーではもっと安い場合もあるにはありますが、何しろセブンでいつでも買えますから、お手軽ですね。

サラダ、スープ、あえものなど多様に使えます。「野菜をもう少しだけ増やしたいけど何が良いか」といったときにも便利です。

オクラなら栄養もたっぷりですし、粘り気で個性も出せますね。「オクラを毎日食べる」という人は、多分あまり多くないんじゃないでしょうか。スーパーの野菜コーナーでも主役級の扱いではないですよね。やはりオクラはこだわり感のある野菜に思いますが、この品を使えばいつでも料理に加えられます。

解凍はレンジで3分ほどです。小さく刻まれていますから、自然解凍もできるとされていて実際短時間で行なえます。オクラは下ごしらえが割と大変な部類ですね。それだけに、この冷凍刻みタイプのお手軽さは際立ちます。

パッケージそのもののみずみずしさに仕上がり、ものが小さいことも相まって「いかにも冷凍!」などと思われることは滅多にないでしょう。

あまり売り切れていることがないのもポイントです。たとえばセブンでは冷蔵の品は、結構切れていることもあり「あるはず」と決め込んで訪ねられないケースもあります。一方冷凍コーナーの品は、パッと目に飛び込んでくる陳列と言い難いせいか、安定して手に入る印象。このオクラも、案外知らないセブンイレブン常連さんて多いかと思います。

賞味期限もおおよそ1年半ぐらいはあり、普通に使っている分には何ら神経質にならないで済みます。製造はニチレイフーズで、セブンブランドに加えて一層の安心感も感じられますよ。

自分でこれだけ作るのは大変!「7種具材の筑前煮」

http://www.sej.co.jp/i/item/300101104018.html?category=&page=1

冷蔵コーナー「だしのうま味を利かせた 7種具材の筑前煮」はおすすめです。

セブンの冷蔵コーナー全般におすすめとも言えますが、自分で作る手間ひま、大変度との兼ね合いで考えると、この品のポイントは高いです。

何しろごぼう、鶏肉、たけのこ、にんじん、こんにゃく、れんこん、しいたけと文字通り7種入り。これだけスーパーで買ったとしたなら、値段的にも1,000円ぐらいになってしまいます。鶏肉やこんにゃくなどは日持ちの関係もありますから、数日分など買いためておくのも楽でないですし。それだけ入って155gで税込246円ですから、親しみやすいですね。

パウチのまま湯煎でもレンジでも数分で作れて、とても簡単です。「毎回全てのおかずを自分でつくろうとして品数が減るんであれば、一品ぐらいは市販惣菜でも良い」私など、時々そんなように考える人には特におすすめです。

料理ができない家族に一人で用意してもらうシチュエーションでも、大丈夫です。また、間違って料理前に開封してしまっても、レンジとラップ、鍋で熱するなどで作れます(正規の作り方ではありませんが)から、これまた大丈夫ですよ。

市販惣菜は味付けもスタンダードなものが多いと感じますが、このセブンの筑前煮も至って普通です。料理が上手になりたい人で、味の基本を学びたい人にもこういった品、たまには良いと思います。

カロリーは146kcalで、「約150gで、おおよそ150キロカロリー」とわかりやすいのも、体調管理面から良いところですね。